※このページではアフィリエイト広告を紹介しています

奨学金の返還をしました

子育て情報

皆さんは、奨学金についてどのように考えていらっしゃいますか?

今や、対象者の半数近くが奨学金を利用しています。

今回は、奨学金を返還したお話をしたいと思います。

奨学金について

ひとくくりに奨学金と言っても、奨学金には「貸与型」「給付型」があり、いろいろな機関から奨学金を受けることができます。

皆さんもご存じかと思いますが「貸与型」は返済の必要な奨学金、「給付型」は返済の不要な奨学金です。

「給付型」の奨学金のひとつである高等学校等就学支援金制度は、高等学校等に通う所得等要件を満たす世帯(※年収約910万円未満の世帯)の生徒に対して支給されておりますので、支給を受けていた方も多いのではないでしょうか?

まつもも
まつもも

もちろん私が高校生の頃はこのような制度はなく、親が支払ってくれていました。
短大の時も奨学金は借りず、親が学費諸々支払ってくれていました。
本当に感謝です。

「貸与型」となると大学入学時から借りる方が多いのではないかと思います。

子育てでは大学生時代が一番お金がかかるので、皆さんもそのために教育費を貯めている(貯めていた)と思いますが、それでも足りない時には借りるしかありませんよね。

まつもも
まつもも

大学に行かず就職するという手もありますよね。

我が家も教育費貯金はしていたのですが、それだけでは足りず、子供が大学時代、お金を借りることになりました。

教育ローン(親の借金)と奨学金(子供の借金)と迷ったのですが、我が家の場合、日本学生支援機構の貸与型奨学金ですと無利子で借りることが出来たため、奨学金を借りることになりました。

奨学金は子供本人の借金ですので、大学卒業後子供本人が月々一定額を返済していくことになります。

はじめは我が家も子供本人に返済させようと思っていたのですが、社会人になってすぐに借金生活もかわいそうかなと思いはじめ、結局私の口座から月々返済していくことになりました。

しばらく経って、奨学金の借金の残高が50万強になった時、すべて返還してしまおうと思うようになりました。

我が家の場合無利子の奨学金で早く繰り上げて返還したとしても、借金の返済額が減る訳ではないのですが、子供に借金をさせているという精神的なストレスと、もし、今後結婚などするようになった時に借金が負担になってしまうと考えたためです。

そのような理由から今回「貸与型」奨学金の返還の手続きをしてみました。

「貸与型」奨学金の返還~日本学生支援機~

我が家で返還した奨学金は日本学生支援機構の「貸与型」奨学金です。

奨学金を借りたのは子供であり、本来子供が返還するべきものであるので、子供と一緒に手続きをしました。

こちらの日本学生支援機構のスカラネット・パーソナルのログイン画面から手続きができます。

トップ - スカラネット・パーソナル

実際、子供と一緒に手続きしてみましたが、ログイン→奨学生番号を入力→各種手続きログインのためのワンタイムパスワード発行→ワンタイムパスワード入力→繰上返還の申込(全額繰上か一部繰上か選択)をすれば完了です。

日本学生支援機構の場合、繰上返還の振替日は通常毎月27日(振替日が金融機関休業日の場合は翌営業日)となり、毎月1日~口座振替日前9営業日前までは当月の27日振替となり、それ以降の日ですと、翌月27日に振替となるとのことです。

まとめ

今回我が家では、親である私のお金から奨学金の返還をしました。

会社の同僚やママ友、ネットの情報なども参考にしましたが、奨学金の返還については「親が払う」「子供が払う」「親と子供で払う」と家庭によって考え方がいろいろのようです。

そもそも半数以上の方は大学の費用を奨学金を借りないで親が払っている(払っていた)のですから、それを踏まえると・・・いろいろ考えさせられますね。

家庭によって考え方はいろいろです。

一番良いのは、借金はしないことです。

そのためにもしっかりとした資産形成が大切ですね。

私はこれからの老後に向けて頑張って貯金していこうと思います。

とりあえず、今回奨学金の返還が出来、肩の荷がひとつおりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

応援クリックお願いします!

タイトルとURLをコピーしました