※このページではアフィリエイト広告を紹介しています

積立NISAに挑戦!

貯金

皆さんは、老後資金の準備はどのようにされていますか?

若い年代ですと、あまりピンとこないかもしれませんね。

私は50代、子供も成人し、老後のための貯金をできる最後の期間となりました。

今回は、積立NISAに挑戦した話をしようと思います。

老後資金について

私は、現在50代のシングルマザーです。

若かりし頃も、貯金は少しずつしておりましたが、目的はほぼ子供のため、教育資金がほとんどでした。

他にも車を購入するための貯金などもしておりましたが、なかなか老後のことまで手が回りませんでした。

まつもも
まつもも

ただ、独身の時に入った個人年金保険は解約せず、支払いしておりました。

私の現在の老後資金の一つとなっており、頑張って支払い続けてきて良かったです。

ここ数年は、父の介護や、父の死による手続き、相続関係手続、断捨離などバタバタしておりましたが、やっと落ち着いてきたので、改めて老後資金の見直しをすることにしました。

私は、月々の給料のなかで、目的別で先取り貯金をしており、ボーナス時期になると、ネット銀行で、円定期預金の特別金利キャンペーンをしているので、そちらに預けかえをしていました。

もちろんそれはそれで、元本保証ですし、必要な時にすぐ解約できるので、満足していたのですが、これからもこのままでよいのだろうか?と考えることが多くなり、改めて老後資金について検討することにしました。

前からiDeCoや積立NISAには興味をもっていたのですが、年齢的に今からやっても・・・と思っていたのと、以前母から勧められ、よく勉強もせず投資信託に挑戦し、失敗した過去があるので(その投資信託ですが、初めはマイナスでしたが、ほったらかしにしておいたら、現在は少しですがプラスの利益がでております。)、投資系にはなかなか手が出ないでいました。

ただ「このままではいけない!いろいろ落ち着いてきた今、投資系について勉強してみよう!」「人生、挑戦することも大切!」と思い、ネットなどで、一から勉強してみました。

その結果今回は、iDeCoは50代の私にはデメリットの方が、多いと判断し、積立NISAに挑戦することにしました。

積立NISAをはじめようと思った理由

①月々少額から始められるため。

月々1,000円(ネット証券では月々100円からも可能なものもあり)からという少額ではじめることができます(家計の状況によって金額を変更したい場合は、非課税枠内であれば金額の増減が可能)。

➁積立金は20年間非課税(2024年からスタートする新NISAでは無制限)であるため。

通常投資で得た利益には税金(20.315%)がかかりますが、積立NISAでは分配金と譲渡益を非課税で受け取ることができます。

➂投資初心者でもしっかり資産形成ができるため。

つみたてNISAで選べる商品は、金融庁が定めた基準を満たしたもので、分散投資されており、手数料が低くて、運用が安定している商品なので、投資初心者でも、比較的安心できます。

このような理由から、少額から積立NISAをはじめることにしました。

積立NISAのはじめ方

まず、積立NISAの取り扱いがある金融機関で口座開設を行いました。

銀行で投資信託は行っているのですが、今回は、そちらの銀行は利用せず、楽天証券で口座開設しました。

みなさまに選ばれてNo.1 | 楽天証券
投資がはじめての方も安心の楽天証券!おトクに資産形成をはじめるポイントをご紹介します。

SBI証券と迷ったのですけれど、楽天カードや楽天ペイを利用しているので、楽天証券に決めました。

事前にネットで、楽天証券の開設方法動画を見てから開設したので、問題なく開設することができました。

私の場合、申し込みの次の日に審査がはじまり、4日後に取引が出来るようになりました。

いよいよ取引開始です。

私が選んだ商品はeMAXIS Slim 全世界株式 (オール・カントリー)です。

いくつか候補を絞って、分散投資できるこちらの商品にしました。

また、支払いは、動画で確認し、楽天キャッシュ決済にしてみました。

長い目で様子をみて、検討していこうと思います。

まとめ

投資は、すぐには結果はでません。

結果が出るのはとりあえず20年後と考えています。

「やってて良かった!」と思えるよう、継続して勉強していこうと思います。

投資ばかりではなくこれからの人生、守りに入るばかりではなく、適度に挑戦もしていけたらと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

応援クリックお願いします!

プロフィール
まつもも

50代のシングルマザーです。
今まで生活してきた中でのお得な情報などを皆様に発信できたらと思ってます。

まつももをフォローする
貯金
まつももをフォローする
まつももの覚書
タイトルとURLをコピーしました